ヨウジヤマモトのボールファスナーパンツは意外と使いやすい!

ヨウジヤマモトの2018SSアイテムから、ボールファスナーパンツをレビューします。話題作の多い18SSの中でも特におすすめしたい逸品です。サイズは2番と3番があり、身長172㎝体重63㎏の筆者は2番を購入しました。総丈97cm、ウエスト39cm、股上41cm、股下66cm、裾幅21cmです。

素材とシルエット

今回レビューするパンツは見てのとおり幅の広いワイドパンツです。しかもよく見ると、裾にむかって徐々に細くなるテーパードシルエット。この形のおかげで、穿いてみると思った以上にすっきりした印象を与えてくれます。足首は注目を集めやすいポイントですので、パンツの先端が細ければワイドパンツでも野暮ったいイメージを軽減できるというわけです。

そして素材ですが、ヨウジヤマモトファンにとってはあまりに有名なウールギャバジンを使用。ウール100%というだけでなく、スーツでも用いられる丈夫なギャバジン織りで、なめらかなツヤが特徴的です。

おまけにホコリなどが付きにくく取れやすいので、黒い服によくあるホコリが白く目立ってしまう悩みもありません。

最大の特徴

左右のポケットにはジップが付いており、開閉できるようになっています。ブルゾンなどのアウターではたまに見かける仕様ですが、ボトムスのポケットでは珍しいですね。

ファスナーは、先端にボールの付いたいわゆる玉付きファスナーで、これがちょうどいい装飾性を出してくれています。黒のスラックスは地味服の代表選手のような存在ですが、シルバーのかわいらしい玉付きファスナーがほどよいアクセントとして機能してくれるのです。

ウォレットチェーンのような目立つ装飾品に抵抗のある方でも、さりげなく装飾性をアピールできるため、なかなかうまい仕掛けだと思います。

ただ、ポケットにジップが付いているゆえの悩みもあります。みなさん、無意識のうちにボトムスのポケットに手を入れることがありますよね。そのポケットの入り口に硬い金属製のジップが付いているせいで、たまーに手がこすれて痛い思いをしてしまうのです。

冗談みたいな話ですが、油断していると軽いケガにもつながりますので、なにとぞご注意を。

気楽な着用感

このパンツのありがたいポイントがもう1つあります。ウエストゴムが入っており、多少体型が変わっても気にすることなく着用可能なのです。また、ヒモで締め付けの調整ができるため、パンツを上下させて穿き方を変えることも簡単という優れもの。

ハイブランドのスラックスというと堅苦しいイメージですが、このアイテムに限ってはイージーパンツなので安心です。

とはいえ、ウールのスラックスって暑苦しいから夏には穿けないでしょ、という声もあるかもしれません。しかし実際に着用するとわかるのですが、肌と生地との距離が保たれており、暑苦しさを感じるどころか、普通のボトムスよりも涼しげです。

肌寒い2月や3月に穿くときは、インナーのタイツが必要だと感じました。

意外にも万能アイテム

ワイドパンツだし、黒スキニーみたいに何にでも合わせやすいアイテムじゃないよね、と思う方も多いでしょう。そういう意見もわからなくはないですが、試しに穿いてみると、意外と万能だと感じます。

ゆるいシルエットと上質生地の黒スラックスという組み合わせで、キメすぎにもカジュアルすぎにもならないため、どんなトップスを合わせても大けがすることがありません。春先にライトアウターを着る場合はもちろん、夏場に半袖のカットソー1枚でも合わせらせるという、意外な万能感をもっているのです。

ただ、大けがしそうなのは金額のほうでして、6万2000円(+税)となっています。

ヨウジヤマモトのボトムスとしては平均的な価格なのですが、どうしても他のブランドと比べると高いハードルを感じます。ただ、このアイテムは人気もあり、生産数も比較的多かったようですので、オークションサイトやフリマサイトに出回る可能性も高いです。

そうした手段も活用しつつ、ぜひとも手に入れてほしいアイテムです。

メンズおすすめスラックスまとめはこちらから↓

【2018】おすすめスラックス21選!ユニクロからハイブランドまで網羅!【メンズ】

2018.05.13
ぎすお

この記事を書いた人

ぎすお

身長172cm 体重63kg 靴26.5cm

ヨウジヤマモトの服をこよなく愛するアラサー。アバンギャルドなアイテムをリアルクローズとして着こなせるよう奮闘中。