ハイブランドは小物から取り入れよう!ヨウジヤマモトのブッダバッジがおすすめ!

ブッダバッジとは

ヨウジヤマモトの2018SSのコンセプトの一つに「仏教・密教」がありました。ルックを見ていてもジャケットに仏像のチャームが付けられており、その中でも小物として発売されたのが今回紹介する「ブッダバッジ」です。

仏陀のデザインが施されているバッチですが、サイズは縦5cm横3,5cmのスクエア型になっています。バッチの中でも四角形のものは珍しいので、一点で簡単に差別化ができます。また色は真鍮のシルバーなのですが、均一にピカピカしたシルバーではなくムラがあり黒ずんだシルバーなので、黒系のアイテムにつけると難なく溶け込んでくれます。

コーディネートのアクセントに

皆さんはコーディネートにアクセントをつけたいと思ったときにどのようなアイテムを使いますか。ネックレスやブレスレット、リングなどのアクセサリーを始め、ストールやスカーフなどでアクセントをつける人もいると思います。その中でも私がおすすめしたいのは「バッジやブローチ」です。

「バッジって子供じゃないんだから」と思う方も思う方もいらっしゃると思いますが、それはカラフルでポップな缶バッチの印象が強いからだと思います。筆者も最初は抵抗がありましたが、ジャケットのラペルなどにつけてみると普段の無難なコーデをまるでハイブランドのルックのようにアップデートさせることができます。全体感は是非写真で確かめてください!

ヨウジヤマモトらしいアバンギャルドなデザイン

ブッダバッジは神聖なイメージがある仏像をあしらったアイテムですが、そこは流石ヨウジヤマモト、「全身に鎖を巻き付けて、人を踏みつぶしているブッダ」があしらわれています。バッチとはいえそこにはハイブランドらしい、独特なデザインです。

ここまでこのアイテムの利点を沢山書かせていただきましたが、避けられない問題として服に穴があきます。筆者はもう「服は飾るためじゃなくて、着るためにあるんだ!」と割り切っていますが、気になる方も多いはず。個人的にはそこを割り切ってまで使う価値はあると思います。

ハイブランドのデザインを気軽に一点投入できる

今回紹介したブッダバッジのようにハイブランドのアイテムでも、このような小物であれば気軽にコーデに投入することができます。値段も4500円(+税)なので価格面でも取り入れやすいですね。

値段が安いということもあり、発売からすぐに完売してしまうケースも多いため、気になった方は事前にコレクションを見て、目星をつけておくと良いですね。

メンズオススメアクセサリーはこちらから↓

【30選】メンズにおすすめのアクセサリーをレビュー!【2018】

2018.06.15
quin

この記事を書いた人

quin

身長183cm 体重69kg 靴27.5〜28.0cm

服に込められたストーリーや源流が大好物。服を買っては源流を研究してます。最近は簡単なアレンジにハマってます。洋服に込められた魅力を私なりの言葉で発信します!21歳