正直高いが挑戦しがいのあるヨウジヤマモトの南無ニットカットソー

今回はヨウジヤマモトの2018年春夏ラインナップから、サマーニットをご紹介します。これ1枚で簡単にオシャレになれるという逸品です。

圧倒されるデザイン

ヨウジヤマモトの2018年春夏のテーマとして「Buddhism(ブッディズム)」が掲げられていますが、今回のアイテムはまさしく仏教を想起させるメッセージが表れています。前面に「南」、背面に「無」という文字が記されており、両面あわせると「南無」になるわけです。

いや、南無なんて書かれた服は恥ずかしくて着られないでしょ、と思うかもしれませんが、ご安心を。この南無プリント、よくよく見ない限りは文字だと気づかない程度に崩されており、普通に見たら荒々しい模様としか思わないというわけです。

色展開は3色あり、白黒赤でモード感の強いもの、黒とネイビー主体のダークトーンのもの、アイボリーとペールブルー主体のスモーキーなものの3種類です。

ヨウジヤマモトらしい配色といえば白黒赤なのですが、今回は春っぽさを感じるスモーキーなものを選びました。

サマーニット特有の素材感

さて、秋冬に着るニットはウールのものが定番ですが、今回のアイテムは春夏用のいわゆるサマーニット。素材はコットン100%です。サマーニットというだけあって、あまり暑くるしい素材は使えませんからね。

たまにコットン製のサマーニットでも厚手のものがありますが、このアイテムはかなり薄く、普通のTシャツのようにさらりと着ることができます。むしろ、Tシャツやシャツよりも生地の通気性がいいくらいです。

ただ、Tシャツのような詰まった生地ではないので、丁寧に扱う必要があります。洗う際も、手洗いであれば特に目立つような劣化はありませんでしたが、恥ずかしい話、怖くて洗濯機に入れることはできていません。

それに加え、やや静電気が発生しやすいのが欠点です。乾燥している時期は特に気をつけて扱うようにしないと、着るたびにバチバチと痛めつけられることになります。

シルエットとディテール

サイズ展開はワンサイズのみで、全体的に大きいリラックス調のつくりになっています。身長172㎝体重63㎏の筆者が着てみても、体のラインが全くわからなくなるほどゆったりしたシルエットです。

なお、実寸は以下のとおりとなっています。肩幅58㎝、袖丈62㎝、身幅66㎝、着丈80㎝。

そして非常にありがたいことにこのニット、裾の左右にスリットが入っています。裾にスリットが入っていないと、歩いているうちに裾がせり上がってきてだらしない見ためになってしまいます。とくに裾がリブになっているニットで顕著です。

ほかにも、ニットのインナーとしてシャツなどを着た場合にスリットがあるとインナーとの干渉を避けやすいとか、ボトムスのポケットに手を入れやすいというメリットもあります。

気になる着心地と汗染み

サマーニットはタンクトップや半袖の下着の上に着たり、人によっては素肌の上から直接着たりすることが想定されますので、着心地が気になるところです。

ということで、実際にタンクトップや素肌の上から着た感想ですが、まず、ニットとはいえウール素材ではないので、チクチクすることはありません。しかも、大きめのサイズ感なので体と生地との空間も広く確保されており、腕まわりや胴まわりは特に生地との接触が少ないです。

春夏は気温も上がりますし、汗染みが目立つのかどうかについても気になりますね。例によって、汗染みを実際にお見せするわけにいかないので、水で濡らしてみました。

よく見ないと水滴を垂らしたことすらわからず、張り合いがないですね。ペールブルーの部分は濡れているのが少しだけ分かりやすいかもしれません。この程度ならば汗を過剰に気にする必要もないでしょう。

さて、ヨウジヤマモトのサマーニットのご紹介でした。どうせお高いんでしょう、と思っているあなた、すみませんが高いです。4万1040円(税込)です。

とはいえ、毎年同じようなTシャツでコーディネートを組んでいる方にとっては挑戦しがいのあるアイテムだと思いますので、予算と相談しつつ店舗で見てみてはいかがでしょうか。

メンズおすすめニットまとめはこちらから↓

【2018】メンズのおすすめニットを「買って」レビュー!【全35点】

2018.11.27