春夏秋冬ずっと使えるヨウジヤマモトの天丸ハットをレビュー

今回はヨウジヤマモトの帽子をレビューします。帽子といっても、カジュアルなものからドレス調のものまで様々な種類があるわけですが、今回はドレスアイテムであるハットのご紹介です。

俺はハットなんて買わないよ、ハットだけは勘弁してくれ、という意見もあるでしょう。なにしろ日常的にかぶる機会が少ないですし、いざ着用してみるとかぶり慣れていないせいか違和感がありすぎるという高難易度のアイテム。

そんな悩みも、今回紹介するアイテムであれば解決してくれるはずです。ちなみに、黒とライトグレーの2色展開なのですが、私が購入したのは黒の方ですので、そちらを紹介します。

探し求めていたかぶりやすさ

ハットの違和感って何が原因なのでしょう。既に述べたように、普段あまりかぶり慣れていないせいでもあります。頭に乗っているので目立つということもポイント。ただ、やはりどうしても「カッコつけすぎ」に見えてしまうのが大きな原因です。

ブリム(ツバの部分)がシャキッと張っていて、ダークスーツやロングコートで固めた正装を引き立ててくれる、そんなドレス感の強すぎるアイテムですので、普段着として使うのに抵抗を感じてしまいます。

このアイテムも、何も意識せずにかぶるといわゆるシルクハットの形になってしまいます。シルクハットをかぶっている人、街で見たことあるでしょうか。私は見たことないです。そんな手品師か英国紳士みたいな格好、普段着では避けたいですよね。

ではどうすればいいかというと、答えは簡単。ドレス感を減らしてあげればいいのです。張りつめた生地をぐにゃりと曲げて、とても正装には見えないようなシルエットに変えてしまいましょう。

こうすることで、シルクハットやら正装やらの印象は消え去り、街でかぶっていても違和感のない帽子になります。このアイテムのすばらしい点は、素材がリネン100%であり、生地がとてもやわらかく、簡単に全体の形を変えることができるところです。

ブリムの形を変えやすいハットは他にもありますが、クラウン(頭を覆う部分)まで動かしやすいものは多くありません。また、押しつぶして高さを調節するだけでなく、シルエットをアシンメトリー(左右非対称)にして遊ぶことも可能です。

これだけ変化をつけやすいハットですので、正装らしさを大きく崩すことができ、普段着でも非常にかぶりやすいアイテムになっています。

しかも、やわらかさゆえに簡単につぶしたり元に戻したりできますので、カバンに入れて持ち運ぶのも楽々です。帽子をかぶっていて暑いとき、室内で帽子を脱がないといけないときも置き場所に困りません。

シンプルなディテール

アバンギャルドをうたうヨウジヤマモトですので、アイテムのどこかに奇抜な仕掛けがあるのでは、と思う方もいるかもしれません。しかし、このハットの良いところは、デザインが思いのほかシンプルにまとまっている点です。

まずブリムですが、約6㎝というちょうどよい長さ。ブリムが長すぎると、ドレス感が強調されるだけでなく、ハットの存在自体が悪目立ちしてしまいます。一方、短すぎると顔があまり隠れず、顔の大きさをごまかすことができません。

そんな危険が待ち構える中、このハットのブリムは長すぎず短すぎないので、余計な心配は無用です。下の比較画像を見ていただければ、左右の2つのハットと比べてブリムの長さがちょうど良いということが分かります。

さらに、クラウンにはリボンが巻かれているのですが、これも色は黒で本体と同色ですので、目立つことなくさりげない存在感を出すにとどまっています。あまりリボンが大きいと女性的な印象になりますし、個人的にはリボンが無くてもいいかなとも思いますが、この程度であれば気にする必要もないでしょう。

ちなみに、外からは見えないのですが、スベリ(クラウンの裏側の付け根部分)に”YOHJI YAMAMOTO”と印字されています。

様々な季節に対応可能な素材感

帽子をかぶるとなると、素材やデザインに応じた季節感も気になってくるところですよね。ハットはやっぱり秋冬に限るよ、という方もいれば、オールシーズン黒ハットかぶるぞ、という方もいるはず。

個人個人の考え方の違いはあると思いますが、やはり夏に起毛感抜群のフェルトハットをかぶったり、冬に涼しげな麦わら帽子をかぶったりするのは、周りにチグハグな印象を与えます。

その点に関していえば、今回のアイテムは万能といえる生地感です。黒のハットですし、さすがに猛暑日にかぶるのはためらわれるのですが、起毛感もなく暑苦しい見ためではないため、多少暑い日でもかぶりやすくなっています。

一方で生地が詰まっており、麦わら帽子のようにスケスケだったりもしないので、秋冬でも違和感なくかぶれるのです。

大きさ・着こなしは要注意

肝心のサイズなのですが、フリーサイズのみの展開で、内周約58㎝となっています。標準的なサイズですし、生地のやわらかさのおかげで多少は融通がきくのですが、内周60㎝オーバーの大きめの帽子じゃないと入らない、という方には厳しいです。

一方、ハットというアイテムの難しさは冒頭からお伝えしているところですが、やはり着こなしには気をつけていただきたいと思います。

たしかにこのアイテム、生地がやわらかくてドレス感を軽減させるのが簡単なのですが、黒ハットという性質はどうしても残りますので、ドレッシーな格好に合わせてしまうと、キメすぎになってしまうのです。

比較的カジュアルな服装にドレスアイテムを使ってバランスをとるのは重要な戦略ではありますが、やはりアイテムごとのドレス度の高さはそれぞれ違いますよね。例えば、スラックスは仕事着として一般的で、我々との距離も近いもの。

そんなスラックスを普段着で着用しても、全体のバランスを大きく崩すほどドレス寄りになったりはしません。しかし、仕事着でもなかなか見ない黒ハットは普段着との距離が離れすぎているため、取り入れるとコーディネート全体のドレス度が大きく上がりますので、注意が必要なのです。

今回のアイテムもその点は一緒ですから、じっくりとコーディネートのバランスを考えることをおすすめします。さて、ヨウジヤマモトの天丸ハットをご紹介しましたが、いかがでしょうか。

金額は2万7000円(+税)と、なかなか高めではありますが、同ブランドのシャツやボトムス、アウターなどと比べれば手が出しやすいところかと思います。ヨウジヤマモトに興味があるけど高すぎる、と思っている方でも最初の一歩として手に取りやすいでしょう。

誰にでも勧められる万能アイテムというわけではありませんが、自分のコーディネートに幅を出したい方は挑戦してみてください。

ぎすお

この記事を書いた人

ぎすお

身長172cm 体重63kg 靴26.5cm

スタンダードを通り越してアバンギャルドな方向に魅力を感じ、ヨウジヤマモトをメインで買って着ている29歳独身。 最近はリアルクローズとして如何に普通の服っぽく着こなすかを課題に据えている。