絶妙な落ち感が良いZARAのグレーコートをレビュー。唯一のデメリットは重さ。

近年、ファッションはカジュアル要素が強いものからドレス要素が強いものへと流行が移ってきています。アウターもダウンジャケットやMA-1などからトレンチコート、チェスターコートへとトレンドが移ってきました。

チェスターコートもたくさん出回っているので、どれを選んで良いのか分からない状態です。そこでオススメなのが、今回紹介するZARAのチェスターコートです。

他と違う落ち感のキレイさ!

ZARAの「グレーコート」というチェスターコート、1万7990円(税込)の落ち感がとても良いのです!

ハンガーに吊るすと、このような感じになります。下までキレイにストンと落ちるシルエット。しかも、表面が起毛していて、艶感もバッチリです。私が実際に着用したところ、何人もの方から「そのコート、キレイですね!」とお褒めの言葉をいただきました。

その他のディティールも良い!

ポケットはフラップポケットになっています。最近販売されているチェスターコートの中には叩きつけのポケットのものもありますが、やはりドレスライクにフラップポケットになっているものを選びたいですよね。

後ろはこのようにセンターベントになっています。

袖にはボタンが4つ。これは飾りボタンなので、袖口は残念ながら開きません。

裏地はこんな感じ。シンプルに黒です。ここに柄が入っているものもありますが、大人っぽく見せるならば、無地の黒が正解です。

ちなみにアーム部分の裏地はこのようになっています。シンプルな色と柄ですが、見えない部分なので良いです。

ラペルの幅は狭くなっています。ここが広すぎるとドレス感が強すぎて、ビジネス用のコートに見られてしまいます。しかし、このくらいの幅ならば街着として十分にカッコよく見えます。

そして、ラペルが狭いと、このように襟を立てて着用してもサマになります。ここが広いと、襟を立てたときにキメすぎになってしまったり、逆に襟の重みですぐにヘタッてしまったりします。その点でもバランス良く作られていると言えるでしょう。

重さが残念……

このZARAのグレーコート、強烈にオススメなのですが、残念なところもあります。それは重さです。先ほども書きましたが、このコートは強い落ち感があります。それは素材が肉厚で重みがあるからです。ちなみに素材は、ポリエステル63% レーヨン32% ポリウレタン5%です。

着用してみれば分かりますが、ズシリとした重さがあります。肩こりがひどい人には着づらいレベルです。また、そうでない人にとっても、持ったときの重さで敬遠してしまう人もいるでしょう。

何しろ巷にはダウンみたいな軽いアウターはたくさんありますから、その軽さに慣れていると尻込みしてしまうかもしれません。しかし、きれいな落ち感を出すには、この重さが必要なのです。どちらを取るかは人それぞれですね。

今のトレンドを追うならZARAが一番!

ZARAはファストファッションです。今流行っているものを、すぐに形にして世に送り出してくれます。実はこのコート、昨年私が一目ぼれして買ったものです。今年は同じような形と素材でブラックとブラウンが発売されています。

オンラインでの取り扱いはありませんが、ZARAの場合はオンラインで扱ってなくても、店頭には置いてある場合がけっこうあります。私はグレーコートを東京の店舗で2着ほど見ました。また、ブラックとブラウンは横浜の店舗でみました。

見かけた際はぜひ試着だけでもしてみてください。シルエットは本当に素晴らしいです。サイズはM(胸囲96-101cm)ですが、172cmで70kgの私が着てもやや大きいくらいで、ビッグシルエットがトレンドの今ならばちょうど良いサイズ感です。

【2018】メンズおすすめアウターまとめはこちらから↓

【2018】メンズおすすめアウターを買って着てレビュー!【全33点】

2018.04.01