6000円で手に入るハイブランド並みの美シルエットZARAのRAW EDGEスキニージーンズ

夏は暑くてなかなかデニムをはく気になれませんでしたが、そろそろまたはきたい気分になってきました。秋冬のシーズンが待ち遠しいですね。

今回ご紹介するのはZARAのスキニージーンズ。価格は5990円(税込)ですが、とにかくびっくりするほどシルエットが綺麗なんです。

驚くこと間違いなし、足を美しく見せる究極のスキニーシルエット

さて、ご紹介するのはファストファッションブランド「ZARA(ザラ)」の「RAW EDGE スキニージーンズ」。ぶっちゃけ生地のクオリティだったり、縫製などはユニクロのほうが上です。しかも価格もユニクロのほうが安い。

なのに、なぜZARAのデニムをオススメするのか……? ズバリ、この価格帯ではダントツにシルエットが綺麗だからです。

スキニーシルエットなのですが、足にフィットして見事なラインを作ってくれます。ただ細く作るだけなら簡単。足がピチピチしているスキニーデニムを履いている方もまだ多くみかけますが……。ZARAのこのデニムは、あくまで自然に極細のシルエットになります。

股上は浅く、太ももも細いのですが、決してピチピチにはなっていない。ヒップラインもキュッとしまって生地のたるみなどはありません。そして裾に向かうにつれてギューっと細さを絞っていきます。

裾もこのようにかなり細くなっています。幅は実寸で15cmでした。ちなみに裾丈はあらかじめ短めに作られているので、裾上げは必要ありません。私だとちょうどくるぶしが見えるくらいでした。おそらく、普通に裾上げすると裾のダメージ加工が消えてしまうので、あらかじめ短めの丈に設定したのでしょう。

もう長い間スキニーデニムを履いていませんでしたが、シルエットの完成度にやられて、またはきたくなってきました。ワイドパンツがトレンドと言われつつも、実はまだスキニーも需要があるんですよね。

このZARAのデニム。正直、雑誌の広告に載っているようなヨーロッパのハイブランドと比べても、私には見分けられる自信がありません。価格帯が違いすぎるので、もちろん生地や加工のレベルには差がありますが、シルエットに限ればもうほとんど分からないですね。

デニム生地やダメージ加工で脱地味に!

少しファッショントレンドの話をすると、長く続いたノームコアの時代が終わり、現在は「装飾性」が求められるようになってきています。シンプルな洋服もいいのですが、出来ればどこかに少しだけ「目立つ」要素を入れたいところ。

何も「派手なデザインの服を着ろ!!」というわけではなく、例えばこういったデニム生地でもいいのです。デニム自体、スラックスやコットンパンツと比べると、生地に凹凸がありザラザラしているので、生地に情報量があります。

同じデニムの中でも、洗いがかかっていないリジッドデニムよりも、今回のような少し色落ちしている物のほうが、より情報量も増えていきます。

色や柄、プリントなどのデザインで目立たせるのではなく、デニムのように生地の表情が豊かな物を選んでやるという選択肢もあるのです。しかも、このデニムはダメージ加工もされています。これも脱地味に対しては有効。

ダメージの入り方はデニムのカラーごとに違うようですが、私が選んだ「ダークブルー」では、目立つ箇所は主に2箇所。一つ目は右の太もも。

二つ目は左の膝ですね。

もちろん、とにかく目立つようにすれば良いというわけではありません。「ただでさえカジュアルなデニムを色落ちさせて、ダメージ加工なんてしたら野暮ったくならない……?」と思う方もいるかもしれませんが、それも大丈夫。

シルエットが極細のスキニーなので、無骨な雰囲気が強すぎることはありません。バランスによって雰囲気が大きく変わるので、洋服って不思議ですね。

サイズ感について はき心地も抜群!

 

サイズ感については、スキニーなのでもちろん細めなのですが、細いサイズがはければはけるほど良いというわけではないので注意してください。かなり伸縮性がある生地なので小さいサイズもはけますが、ピチピチになって足のラインがモロに出ちゃってるのはあまりカッコよくありませんので。

私は普段、パンツはMサイズのことが多いですが、このデニムは40(ヨーロッパサイズ)がベストでした。もう一つ上のサイズでもおかしくなかったのですが、一つ下のこちらのサイズを選んでもピチピチ感は出ず、よりスキニーらしさを出すことができたので、40サイズにしました。

40サイズだと、寸法は実寸で、ウエスト80cm、股上26.5cm、股下73cmでした。

スキニーデニムだとやはりはき心地が気になりますが……。こちらも問題なし。むしろ快適すぎてびっくりしました。綿99%、ポリウレタン1%のストレッチ生地なのですが、これがグイグイと伸びてくれます。

立ったり歩いたりするときはもちろん、座ったりしゃがんだりするときにもストレスを感じません。久しぶりにスキニーデニムを履いたのですが、「こんなに快適だっけ?」と、驚いてしまいました。

最後に唯一残念だったところも紹介しましょう。それがこちらのボタン。ジップではなくボタンフライになっているのですが、これがかなり安っぽい。重圧感は全く感じず、テカテカしています。しかし、人には普通見えない箇所なので、大きなマイナスポイントにはなりません。

生地や加工については、それほど安っぽい印象は受けませんでした。ユニクロや無印良品など、国内のファストファッションブランドには負けますが、一目で安物だと分かるようなことはありません。

ボトムス全般、他人がはいている物を間近でまじまじと見つめる機会はそうそうないので、生地の良し悪しがバレにくい部類でもあります。

無くならないうちに、急いでチェックしよう!

ご紹介したZARAの「RAW EDGE スキニージーンズ」の価格は5990円(税込)。お手頃価格ですが、びっくりするほど美しいシルエット。ファストファッションには絶対見えません。

また、ZARAに行ってみるとデニムの種類がたくさんあって分かりづらいかもしれませんが、お尻のポケットに、上の写真のような「SKINNY FIT」と書かれた紙が入っている物を探せば見つけやすいかもしれません。他にも「SKINNY FIT」モデルはあるかもしれないので、確実ではありませんが……。

確実なのは、商品タグに記載されているバーコードをスマホで読み取ることです。バーコードからwebにアクセスし、「RAW EDGE スキニージーンズ」のページに辿り着いたら、あとは試着して購入するだけ。

無くならないうちに、是非チェックしてみてください。

Kouki

この記事を書いた人

Kouki

身長175cm 体重65kg 靴27.5cm

普通だけど、かっこいい。そんなスタイルを目指して模索中。服自体はもちろん、服を着て楽しいと思える瞬間が大好き。 ツイッターでファッションについてつぶやいています。

twitter