ゾゾスーツでオーダーしたTシャツをレビュー!

日本は高温多湿な時期が長いため、半袖のカットソーは複数枚もってローテーションしている人が多いでしょう。しかし、自分の体にフィットするカットソーを探し出すのは意外と困難です。そんな中、「もう試着が不要になる」と大きな話題になったZOZOのプライベートブランドが出すクルーネックTシャツをレビューしたいと思います。

まず、仕組みですが、ZOZOスーツを無料で注文し、届いたスーツを着用し、自分のサイズデータを計測します。そのデータをもとに、提案されたサイズのアイテムをオーダーします。注文してから届くまでの期間はおおよそですが3~5日。筆者は注文してから3日で届きました。一から作られているかどうかは不明ですが、驚異的な速さです。

デザインは一般的なクルーネックです。良くも悪くもベーシックな形。生地感はユニクロのスーピマコットンなどと比べるとやや厚手でしょうか。手に取ってみると意外とハリがあり、じわっとしたツヤ感があるのが印象的です。

色は白と黒、ネイビーとグレーの4色。筆者はネイビーを購入しましたが、生地感に安っぽさは感じません。何回か洗濯しましたがシルエットも崩れず綺麗なままで、ベーシックなコーディネートをする際には一枚持っていても損はないでしょう。

ディティールをチェック。サイズが合うといいこととは?

このシャツの特徴はなんといっても体にフィットするというところ。身長168cm60kgの筆者ですが、ゾゾスーツで計測された肩幅は約42cm。これに対しZOZOは肩幅40cmのクルーネックを提案してきました。

また、胸囲88cmに対してクルーネックTシャツは101cm。ZOZOの考える適合サイズがどのような形なのかは分かりませんが、ユニクロのスーピマコットンと比べるとやや幅広といった程度で、大きな違いはありません。実際にこのサイズ感は体にフィットしているのでしょうか。ユニクロのスーピマコットンクルーネックと比較をしてみましょう。

雑な写真で申し訳ありませんが、上がZOZOのクルーネックTシャツ、下がユニクロのスーピマコットンです。いずれも何回か着用して洗濯している状態ですが、遠目から見る印象は大きく変わりはないように思います。しかし筆者は、あえてどちらを選ぶかと聞かれたらZOZOのカットソーを選びます。その理由は近くから見ると分かっていただけるかと思います。

細かい部分のチェック。 近くから見ると…

近づくと両者のシワの入り方、特に胸元のシワの入り方が違うのがお分かりいただけるかと思います。筆者は学生時代にスポーツをしていた影響で胸囲に少々筋肉があります。その影響で、既製品のカットソーだと胸回りが引っ張られてしわが寄ってしまうのです。

これに対し、ジャストサイズを提案をするZOZOのカットソーはシワが少ない。カットソーはカジュアルアイテムなので、このようなシワはカジュアルが加速してコーディネートがサマになりにくい原因となってしまいます。

ジャストサイズがカッコいいという話は必ずしも正しいとはかぎりませんが、シワを入れたくない場合にはこのようなジャストサイズの服はいい選択肢だと思います。

横から見たシルエットをチェック

横から見たシルエットもチェックしておきましょう。筆者のユニクロの適合サイズは胸囲の関係もありMサイズなのですが、そうするとほんの少しだけ肩が落ちてしまいます。しかし、これに対してZOZOは肩が落ちていません。これは細かいですが、痒い所に手が届いている印象です。

このようなサイズ感を、何回も試着しなくても手に入れることができるのがZOZOのジャストサイズのカットソーのいいところだと言えるでしょう。

筆者はZOZOのデニムも合わせて注文しましたが、こちらも確かに体にはフィットします。しかし、この時に感じた注意点が1点あります。それは、ただこの二つを合わせればオシャレになれるという訳ではないという事です。

ジャストサイズ同士の無地のカットソーとデニムの組み合わせですと少し華やかさに欠け、地味な印象になってしまいます。この組み合わせをする際には、時計やブレスレット等、小物で装飾を付ける必要があるでしょう。

他にも、コーディネートのシルエットはYライン、Iライン、Aラインと大きく分けると3つありますが、このように分類分けがされているように、ただジャストサイズを着れば正解!という訳でもありません。筆者もこのZOZOのクルーネックTシャツは非常に気に入っていますが、それとは関係なく他のカットソーも購入しますし、ガンガン着ると思います。

あくまで「ベーシックなカットソーを選ぶ選択肢の一つ」と考えて頂いた方がいいのかなと思います。そういう意味では非常に優秀なカットソーです。サイズはもちろんフリー。カラーは4色で、お値段1200円(税込)とお手頃価格です。ベーシックなカットソーの候補に、ぜひいかがでしょうか。

メンズカットソーまとめはこちらから↓

【2018】無地から袖ボーダーまで。メンズのカットソーおすすめ30点をレビュー! 

2018.09.09
やなぎば

この記事を書いた人

やなぎば

身長168cm 体重63kg 靴26.0cm

「オシャレわかんねぇよ!」と叫んでいた所MB理論と出会いオシャレさんを目指し中。友人の「オシャレになったねー!」の一言が今の原動力です。