ユニクロユーのコスパ最強クルーネックTは色違いで揃えたい逸品

今年の春夏コレクションで人気を誇った「UNIQLO U(ユニクロユー)」のクルーネックT半袖。発売当初は色欠け・サイズ欠けが頻発し、最近の再入荷でやっとほしい色を手に入れられたという方も少なくないのではないでしょうか。

ユニクロユーはファッションデザイナーのクリストフ・ルメールが率いるデザインチームが手掛ける、ユニクロの新ライン。2015年10月の発売当初は「ユニクロアンドルメール」名義で始まり、2016年10月から「ユニクロユー」と名称を変え、現在に至ります。

その中でも、一見ごくシンプルで他と変わりなさそうなユニクロユーのクルーネックT。このアイテムのどこがすごいのか…。徹底レビューしていきます。ポイントはデザイン・価格・質、3つのバランスです。

シンプルでいて極上のシルエット

このクルーネックT、脇の下に編み目のない「丸胴編み」という製法で作られています。

本来、Tシャツなどの胴の部分を作るのに、前側の生地と後側の生地を合わせて縫うのが一般的です。手持ちのTシャツを見てみても、脇の下から縫い目があるはずです。

一般的なTシャツの側面。脇の下に縫い目があり

こちらのクルーネックTで使われている丸胴編みは、一枚の布を筒状にしてそのまま肩の部分を縫い合わせるので、脇の下に縫い目がありません。肩の上部と袖の部分だけ縫い付けられています。

クルーネックTの側面。丸胴編みで縫い目がない

丸胴編みにすることで、生地のヨレができにくいので、着心地がよくすっきりとした見た目を実現できます。実際着用して動いても、余計なシワが入ったりしないので、胸元やお腹周りをかなり綺麗に見せられます。VネックやピッタリフィットのTシャツと比べても、シルエットは見劣りしません。

これ、かなり女性にとって大切なポイントだと思うんです。露出していなくても胸元がキレイに見えるので、女性らしさも強調できますし、デートや合コンでも使えそうです。

そしてもうひとつ嬉しいのが、袖が少し長めなところ。二の腕の一番太いプヨプヨ部分を隠してくれます。

夏の服装で思い悩まされる部分のひとつ。着丈の長さはサイズで変えられても、袖の長さは変えらず、購入を断念…なんてことも夏にはあるある。ヘタに短い袖があると、二の腕を強調してしまい太く見えてしまいます。

他社Tシャツ。短い袖が二の腕を強調してしまう……

クルーネックTは、二の腕のプヨプヨ部分を長めに隠し、細いところから腕が出るよう作られているので、腕がスラっと細く長く見えるよう錯覚させてくれます。

二の腕のプヨプヨ部分がちょうど隠れる長さ。ありがたい

私は身長165cmでMサイズを購入しました。普段トップスはSサイズを購入することも多いのですが、こちらのTシャツは肩幅がMサイズ約40cmでピッタリでした。日本人体型に合わせて作られていることがわかります。

着丈は約59cmで腰骨より少し下くらい。タイトなパンツやジーンズと合わせるのに最適な着丈です。短すぎず、長すぎないので上半身と下半身のバランスを綺麗に取ることができ、ボトムの特徴をしっかり活かせます。(寸法は筆者の実測値です。)

また、ハイウエストのボトムにインして着るときも、インした部分が長すぎてモゴモゴしてボトムのシルエットを崩すこともありません。デザインも機能性も本当の万能で、盲点はないんじゃないかと思うくらい、何にでも合わせられます。

こだわりのシルエットでもこの低価格

 

見た目も機能性も兼ね備えたユニクロユーのクルーネックT半袖。こだわりの詰まった一品ですが、お値段は1000円(+税)とユニクロ価格なのが嬉しいところ。

サイズはS・M・L・XL・XXLの展開。カラーは豊富な色展開。ベーシックな白・黒、夏にピッタリのピンク・オレンジ、秋まで使えるダークトーンのネイビー・オリーブ。私は白、ピンク、オレンジの色持っています。形がシンプルなのでオレンジのような目立つカラーでも合わせやすい。

Tシャツというカジュアルなアイテムなので、ボトムはドレーブ感の強いワイドパンツやスカート、ヒールのあるサンダルを合わせて女性らしさを強調するアイテムと合わせてバランスを取るのがオススメです。シンプルなアイテムだけに、女性らしさを意識しないとメンズライクに偏りすぎてしまいます。別のアイテムで華やかさを意識しましょう。

低価格でも実現できる質の高さ

1000円+税という低価格にも関わらず、素材は綿100。サラサラしていてインナーがなくても1枚で着ていられるくらい自然な着心地です。

そしてこのTシャツの高評価の理由のひとつは、厚手なこと。個人的にファストファッションブランドで購入したTシャツは10枚ほど所有していますが、これほど厚手なものは1つもないです。洗濯してもクタっとしません。もう数えきれないくらい着て、同じくらい洗濯してますが、自然な使用感は出てきますがヘタったりよれたりしません。綿にも関わらず。

2つめは、インナーが透けないこと。キャミソールをインナーにすることが多いのですが、黒のキャミソールでも透け感を気にせず着用できます。

写真は中に黒のキャミソールを重ねていますが、外側から透け感は気になりません。さすがに派手な色のインナーは気を遣うでしょうが、白・黒・ベージュなど普段使いするようなインナーなら問題なし。首元からブラの肩紐が覗くこともありませんので、アウトドアなどアクティブなシーンでも使えます。

そういうシーンでキレイに見せられるトップスを探すの苦労しますからね……。汚れても1000円で新しく新調できますしね。

この夏は万能Tシャツを様々なシーンで

 以上、ユニクロユーのクルーネックT半袖をレビューしました。ネットでかなり話題にもなっていたこのTシャツですが実際に着用してみて、シルエット・価格・質のバランスの良さに気づくことができた一品です。

春夏はもちろん、秋口にはジャケットのインナーにも使用できるので、色違いで様々なコーディネートを楽しんでみてください。それでは充実したクルーネックTライフを!

TOMOMI

この記事を書いた人

TOMOMI

身長165cm 体重52kg 靴:パンプス23.5cm スニーカー24~24.5cm

大阪在住バリスタ修行中の28歳。ファストファッション、インポートものがすき。メンズファッションもすき。フレアスカートよりタイトスカート派。ワイドパンツよりスキニーパンツ派。