低価格とデザインと機能性を兼ね揃えたユニクロのシームレスダウンコートをレビュー

これから寒い時期になると、服装は徐々におしゃれ優先から防寒優先になります。そのため、おしゃれが犠牲になってしまうことが多々あります。その最たる例がダウン。よくミシュランマンのようになっている男性をよく見ませんか? 着ぶくれしてしまってとてもおしゃれに見えませんよね。

そんな悩みを見事に解決してくれ、しかも防寒性抜群で低価格のユニクロのシームレスダウンコートをレビューします。

ダウンは総じて高価

元々ダウンはアウトドア向けに作られています。冬場のアウトドアは風や冷気が気になるので、それをシャットアウトするためダウンは非常に防寒性が高いことが特長です。

しかし、その機能性を実現するにはどうしても高価格になってしまいます。ゾゾタウンなどでデザインが良く機能性の高いダウンを購入しようとすると、3~4万円は覚悟しなければいけません。


http://ur0.biz/H3ZC

この画像は、ナノユニバースが羽毛布団で有名な東京西川とコラボした西川ダウンです。高機能なダウンを使用し、ナノユニバースがデザインに携わることで高いデザイン性を両立したおり、毎年発売されるほど好評です。しかし、値段が高い。

こちらの商品は約4万円です。毎年デザインが極端に変わる商品ではないので、良い物を思い切って買うのもいいですが、着用アイテムが増えて他にも投資をしたい冬ですからなるべくお安く手に入れたいものですよね。

そこで低価格で高品質を実現するユニクロの登場です。今回レビューするシームレスダウンコートは1万4900円(+税)。リーズナブルな商品が多いユニクロの中では高価格ですが、ダウンの市場価格を考えれば破格です。

しかも、後述するようにデザイン性も高く、オンオフ問わずに着用可能。そんなシームレスダウンコートの詳細を見ていきましょう。

シーム(縫い目)をなくすことで防寒性とドレスライクなデザインを両立

この商品の最大の特徴は圧着接着テープを使い、シーム(縫い目)をなくしたことです。アイテムを見極める時にはドレスとカジュアルのバランスが重要です。※ドレスカジュアルのバランスについてはこちら:http://www.neqwsnet-japan.info/?p=1810

ドレスの最たるアイテムであるスーツを想像してください。極力縫い目を出さないか、生地と同色の糸を使っています。一方、カジュアルの代表格であるデニムは縫い目をスティッチと呼び、重要なデザインの一つとしています。

今回レビューしているユニクロのシームレスダウンコートは元々アウトドアというカジュアルな場で使われるアイテムを、縫い目をなくすことでドレスライクにしているわけです。

また、縫い目がないので風や水の侵入も極力防ぐ機能性も確保しています。更に撥水加工もしてあるので、雨や雪といった悪天候でも安心です。そして、ダウンパックの使用を減らしてモコモコせず、軽く着こなせます。

裏地とポケットに小技が光り、フードは着脱可能

次に細部を見ていきましょう。裏地はドレス素材として使われるポリエステルタフタ生地(ポリエステル85%ウレタン15%の混紡)を使用し、ハリがあってマットな色合いです。

タフタ生地はレディースのドレスやブラウス、リボンといったアイテムに使われるドレス素材であるため、裏地でもドレス感を高めることが出来ます。


裏地のポリエステルタフタ生地

この商品はダウンでも商品名をコートにしているためか、ポケットが非常に多く付いています。まずは外側に2つあって、この位置にあることは至ってノーマルなのですが、素早く手を温められるようにポケット内部はフリース生地になっています。


外側のポケットの中を引っ張り出してみました。


内側右のポケット2つ

左側には長財布がそのまま入れられる内ポケットがあり、イヤホンの収納も可能になるギミックを搭載しています。

右側には、下部に物が取り出しやすいようにボタンなしの内ポケットが、その上にはしっかり物をしまっておけるようにボタン付きの内ポケットが取り付けられています。スマホと財布だけでちょっと出かけたいときには鞄いらずで便利ですね。

カジュアルなパーツであるフードは着脱可能で、よりドレスに寄せたい時は外すことをお勧めします。顔周りにものがあると小顔効果があり、この商品のフードもそれに一役買っているのですが、外してもスタンドカラー使用になっているので少し効果は薄れるものの小顔効果は維持されます。


ジッパーでフードを取り外し可能


フードを取り外してドレス度アップ

3タイプあるがミドル丈がおすすめ

同じ作りですが、丈の長さによって3つの商品が展開されています。

ショート丈(腰くらいまでの丈)のシームレスダウンパーカ1万2900円(+税)と、ミドル丈(お尻が隠れるくらいの丈)の今回紹介しているシームレスダウンコート1万4900円(+税)、ロング丈(太ももくらいの丈)シームレスダウンロングコート+EC1万7900円(+税)があります。


http://urx.blue/GXg6

シームレスダウンロングコートはオンライン限定商品なので、なかなか実物をチェックすることが難しいのですが、商品画像を見る限り丈が長すぎて、スポーツの監督のようになってしまいおすすめできません。

ロングコートがMサイズで着丈が103cm、対してシームレスダウンコートは同じMサイズで着丈が83cm(実寸も同じ)です。ロングコートがひざ下丈(いわゆるマキシ丈)、シームレスダウンコートがひざ上丈くらいのイメージです。

モデルの外国人男性は脚長なのでひざ上に見えますが、典型的な日本人体形の私がMサイズシームレスダウンコートを着用すると、ちょいひざ上ですから、よっぽど体形が整っている人以外はひざ下丈になります。


(丈が長すぎると監督風)
http://urx.blue/GXgr

シームレスダウンパーカも良いのですが、Mサイズで着丈が68cmと、腰丈くらいです。丈が長くなるほうがコートをイメージさせ、よりドレスライクになります。前述しましたが、ダウンはカジュアルなアイテムですので、ドレス感が増すミドル丈をおすすめします。

色が少ないのが不満

カラー展開は07GRAY、09BLACK、69NAVYの三色です。


07GRAY


09BLACK


69NAVY
http://urx.blue/GXfL

ビジネスシーンで着用することを想定してか、落ち着いたマットな風合いです。ツヤが強くなれば、よりドレスな印象になりますが、ダウンに関してはやりすぎは禁物です。


http://urx.blue/GXfx

このようなツヤを通り越してテカリが強すぎる商品も市場に出回っています。黒光りする色づかいは、もはやカブトムシにしか見えません(笑)。

前述したように落ち着いた色づかいは評価できるのですが、いかんせん種類が少ないのが不満です。丈の長さだけが違う、シームレスダウンパーカが7色展開していることを考えると少なすぎます。

オンオフ問わずに着用できるよう、あえて定番の色に絞ったのでしょうが、シームレスダウンパーカにある02LIGHTGRAY(ほぼ白)や34BROWN、57OLIVE等の展開があるとよりおもしろいなと感じました。


02LIGHTGRAY


34BROWN


57OLIVE
http://urx.blue/GXfH

昨年から改良した上に値下げ!

ちなみに昨季はシームレスダウンコートで1万7900円(+税)でした。今季は1万4900円(+税)ですから、一気に3000円値下げです。昨年のモデルも購入済みだったので比べてみました。

シルエットはさほど変わりませんが、フードは着脱不可でした。

内側右にあるポケットは、昨年モデルは一つだけ。左側の大きめのポケットはほぼ同じでした。

内側右のポケット

内側左のポケット。イヤホンのマークはなし

フードを着脱可能にしたり、スタンドカラー使用にしたりと改良を加えながら値段を下げてきたユニクロの企業努力を感じます。

着こなしはジャストサイズで

トレンドはビックシルエットですが、こちらの商品はジャストサイズで着用することがおすすめです。ビックサイズで着ようとすると、どうしても着ぶくれてしまいます。ジャストサイズでさらっと着こなすことでかっこいい着こなしが捗ります。


http://urx.blue/GXfU

こちらはユニクロホームページのスタイリング画像です。スーツスタイルにも違和感なくなじんでいますね。写真はカッコいいモデルさんですが、普通の人が着てもおしゃれに着こなせますよ。

172cm、62kgの筆者はMサイズを選択し、ジャストサイズです。適合身長165~175cmとなっていて、そのとおりに着用すれば問題ありません。

筆者はこれからの真冬のシーズンに街着としても着用しようと考えています。街着の時はドレスよりとはいえややカジュアルなアイテムであるため、ドレス要素を忘れずにスラックスや黒スキニ―デニムを合わせると簡単にコーディネートが決まります。

ダウンコート:ユニクロ
ニット:ユニクロ(JWアンダーソンコラボ)
スラックス:ユニクロ
クラッチバック::GU
スリッポン:GU

ダウンとは言えコート、スラックスとドレス度が高いアイテムを使うと、お仕事感が出やすいので、フードを付きにしました。また、仕事では絶対に使わない柄のあるアイテムを使うと更にお仕事感が減って着こなしが捗ります。

使ったニットのレビュー記事はこちらにあるのでご参考に。「ユニクロ×アンダーソンのエクストラファインメリノボーダー柄を徹底レビュー」http://u0u1.net/H3Cs

ユニクロ2017秋冬まとめはこちら↓

【11/26更新】2017秋冬ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【全18点】

2017.11.26
佐藤シュガー

この記事を書いた人

佐藤シュガー

身長172cm 体重67kg 靴のサイズ27.5cm

北関東を住み家とする32歳。「最小の投資で最大のおしゃれを!」をモットーとするも欲しいものが多く、買いすぎてしまうのが玉に瑕。 ユニクロは我々の味方!  

twitter