キャッシュレス時代に最適な「小さいふ」は本当に小さいがデメリットも!

とにかく小さい財布

購入したきっかけは音楽フェスで持ち物を減らすためでした。10000円程というお手頃な価格と、商品名にもあるとおり、小ささをアピールしている点が筆者のニーズにぴったり。結局、この小ささに慣れてしまい、購入から2年以上経ってもなお、他の財布に変えるつもりがなくなってしまったほどです。今回はこの「小さいふ(ボルドーワイン)」をレビューします。

気になる寸法と素材

大きさは縦7.3cm、横9.1cm、幅2cm(カードを4枚収納した場合)であり、男性のジーンズやスラックスのポケットに難なく入る大きさです。筆者は特別なことがない限り、ボトムスのポケットに入れっぱなしにしていますが、特に邪魔に感じたりはしていません。小銭等を入れすぎなければ、過度にボトムスのポケットが出っ張るといったこともないでしょう。

素材として使われている革は有名な栃木レザー社のヌメ革であり、エイジング(経年変化)の出やすい革です。ペラペラとした革でなく、しっかりとした丈夫さを持っていますが、小ささを阻害していません。筆者の財布は2年使った結果、細かな傷やしっとりした光沢が出ています。

見た目に反してしっかりした小銭入れ部分

小ささを押し出した商品ですが、小銭入れはしっかりしています。筆者が計測したところ、15枚程度であれば型崩れを起こさずしっかりと締めることが出来ました。キャッシュレス時代といっても多少小銭を用意したいという方は多いはずです。そのような方にもおすすめです。

工夫された札入れ部分

次は札入れ部分を見てみましょう。財布の大きさを小さくするため、画像のとおり札入れ部分はベロの限界まで使うことになりますが、使い勝手は担保されております。小ささと利便性の両立を達成しています。

小ささを活かすためにも小銭の入れすぎに注意!

公式ホームページでは小銭や紙幣を20枚〜30枚収納することができると紹介されており、実際に収納できます。しかし、当然ながら小銭を入れすぎるとこの財布の特徴である小ささが犠牲になってしまいます。こちらが貨幣を30枚ほど入れた状態です。財布の形が歪んでしまっています。「貨幣などをたくさん収納しても目立たない」というわけではないのでご注意ください。

カードは6枚収納可能!しかし…

同時にカードの収納も注意が必要です。カードポケットは2つで、それぞれにカードを重ねて入れることが出来ます。

公式ホームページでは6枚まで入ると紹介しており、筆者はカードを2枚×2ポケット、計4枚を収納して使い続けています。複数枚のカードを収納することは可能ですが、その厚さ分だけ革が伸びてしまいます。筆者の財布は革が伸びてしまっているため、収納するカードを減らすとカードが落ちてしまいます。カードの収納については自分のライフスタイルと調整が必要でしょう。

まとめ

このとおり、小ささを活かすために必要な注意点がいくつかありますが、その小ささと素材感を考えるとおすすめなアイテムです。例えば保険証+クレジットカード+多少の札や小銭といったライフスタイルの方であれば充分に活躍することでしょう。非常に多くのカラーリングがありますので、好みのものを探すだけでも楽しいですよ。定価は9800円(+税)

おすすめ財布まとめはこちらから↓

大人の財布はこれがおすすめ!【25選】

2019.06.23

 

まるかわ

この記事を書いた人

まるかわ

身長:165cm 体重:73kg 靴:25.5cm

MB理論とこんまりの「ときめき」を軸に日々まとうものを選択している。街着やビジネスカジュアルの中で「ときめく」「TPOに合う」服装を研究中。