2018春夏ユニクロUのワイドフィットタックパンツは美しいシルエットで完売必至

数多くの良品を擁する「ユニクロU」2018年春夏コレクションの中から、今回は「ワイドフィットパンツ」をご紹介します。

このパンツは素材が“インディゴ”と“コットン”の2種類で展開しています。“インディゴ”は既にネット界隈でも高い評価を得ている模様ですが、“コットン”の方も負けず劣らずの逸品です。特に、履き心地の良さと秀逸なシルエットに注目です。

大き目のサイズ感ながら美しいシルエットを確保

このパンツを簡単に紹介すると「リラックス感のあるアンクルパンツ」です。腰回りはゆったりしているものの、裾に向かって細くなっていく“テーパードシルエット”。

脚がきれいに見えるパンツの代表格としては“スキニージーンズ”が挙げられますが、脚にぴったり沿う作りであるがために、ふとももが太い人には不向きですし、脚の形に自信のない方にはオススメしにくいもの。

その点、このパンツはゆったりしている上に生地の厚みで型が崩れにくく、足の形が出にくいので、誰が履いても間違いのないシルエットになります。

なお、春夏コレクションだけあって、特にサイズをアップ(またはダウン)して着ない限りは、くるぶしが見える程度の丈感を前提とした作りになっています。

このパンツはウエストサイズが73cmから91cmまで、3cm刻みで用意されています。

身長178cm、体重64kgの細身の筆者がユニクロで選ぶサイズは概ね79cmなのですが、このパンツの場合、79cmだとややゆとりがありました。しかし76cmだと「履けなくはない」程度。結局79cmを選んでいます。

ウエストが79cmでも76cmでも、裾幅はいずれも19cm。

一般的にシルエットがきれいに見えるパンツは裾幅が細いものです。ただ、その細さは必ずしも絶対的な数字があるわけではありません。見る人が「足首に向けて細くなっている」という印象さえ持てれば、裾幅が絶対的に細くなくても、シルエットはきれいに見えるのです。

また、このパンツは上述の通り、アンクル丈ということで自然と足首が見える作りです。そのため、細すぎない裾幅からのぞく“足首の細さ”が、結果的により強調されることとなります。

ちなみに裾はカジュアルパンツで一般的な、ステッチが表に見える“タタキ仕上げ”になっています。もし丈が少し長く感じられるようであれば、ステッチに沿ってロールアップするのも一手です。

なお、シルエットについて注意点をひとつ。後ろから見ると、前から見た時の印象以上に、尻周りのボリュームが強調されます。ロングコート等で隠してしまえば気にならないのですが。

ともあれこのパンツでコーディネートを際には、特に後ろ姿も意識されることをオススメします。

シルエットとバランスのとれたドレス感のあるデザイン

シルエットに続いてデザインを見て行きましょう。このパンツは、リラックス感のあるシルエットに対して、デザインをドレスに寄せることでバランスの良い仕上がりになっています。
※ドレスとは? こちらをご参照ください。http://www.neqwsnet-japan.info/?p=1810

腰周りの履き心地はゆったりしているものの、タックで絞っている分、見え方はすっきりしています。

そして脚の中央部分には“センタークリース”があります。一般的にスーツのスラックスに入っているこの折り目が、ドレスライクな印象を喚起します。

トップボタンはプラスチック製ですが、高級感のある水牛ボタンを意識した作り。ベルトやトップスで隠れてしまう部分なので、多分に自己満足の対象ではありますが、大人が着用する上で抵抗感のない仕立てになっています。

ちなみにバックポケットにはボタンがありません。すっきりした作りです。

柔らかでシワになりにくいコットンツイル素材

続いて生地についてです。素材は商品名の通り、コットン100%。織り目が斜めになっている“ツイル生地”で、コットンの割にシワになりにくい点が特徴的です。

また、ウォッシュ加工により柔らかな風合い。リラックス感のあるシルエットと相まって、実に履き心地の良いパンツに仕上がっています。

ケアについてです。普通に洗濯機で洗えますが、漂白剤や乾燥機の使用はNG。アイロンの使用に際してはあて布の使用推奨です。

いずれも魅力的な3色展開


https://goo.gl/56tbBh

色はユニクロ表記で「09 BLACK」「32 BEIGE」「68 BLUE」の3色展開。

最も使い勝手が良いのは「09 BLACK」でしょう。シルエットのリラックス感に対してデザインと色をドレスに寄せることで、どんなトップスと合わせてもまず失敗が無さそうです。

一方で「32 BEIGE」も捨てがたいところ。“ジャケパン”姿のサラリーマンが履いているようなベージュとは一線を画した、黒っぽいベージュ。気軽に春らしさを採り入れられます。

筆者が選んだのは「68 BLUE」。トレンド感のあるスモーキーな色味は、日の光の下ではややグリーンがかって見えます。ジーンズのインディゴとも、スラックスのネイビーとも異なる、独特のブルー。“冒険”と言うほどでもないですが、2018年の春のちょっとしたチャレンジにもってこいの色です。

価格は3990円(+税)。発売から1週間で、オンラインストアでは3色とも82cm以下が完売している人気ぶり。大きめのサイズはまだ大丈夫のようですが、小さめのサイズについては店頭で探すほかありません。どうぞお急ぎください。

ユニクロユー2018春夏まとめはこちらから↓

【2018春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【17選】

2018.02.09
EQ03

この記事を書いた人

EQ03

身長178cm 体重64kg 靴27.0cm

洋服を“食”と共に、「コミュニケーションを最適化するためのツール」と位置付けています。物産展マニア。国内外を問わず、地域・人に根差した物語性のあるモノ・コトに惹かれます。コーディネートはワイルドよりもきれいめを。