機能重視のトレーニングシューズ「ビモロ」は靴紐を変えれば街着でも使える

ビモロシューズをご存じでしょうか? 鳥取にあるスポーツジムが開発し、アスリートに人気のあるスニーカーです。特許を取得したソールが使われているため、関節本来の動きができるので、足に負担がかかりにくい仕様になっています。筆者はトレーニング用に購入したのですが、「5年たってもへたらない耐久性」と「おしゃれにも使える」という点が最大の特徴だと思っています。

まずは驚くべき耐久性についてですが、筆者は5年前からジムに通いはじめ、そのタイミングでこのスニーカー購入しました。1回2時間のトレーニングを最低週2回続けていますがこの写真の状態を保っています。全力で走るメニューもしていますがソールの減りも見られませんし、マイクロファイバー素材のアッパーも破れは見られません。

ノーメンテでケアもせず室内5年使用でわかったことはアッパーとソールのつなぎ目の部分が接着剤の色が出てきていると思われるので、デートには向かないと思いますが、気になるレベルではありません。

次に街着用としてですが、使う際にひとつコツがあります。このスニーカーはパッと見た感じスタンスミスなどのローテクスニーカーに比べるとやや間の抜けた印象があります。それはなぜかというと、靴紐が安っぽい丸紐を使用しているからです。これをスタンスミスやコンバースのような平紐に変えると、トレーニングシューズ感を払拭することができます。

 

(平紐にチェンジ)

(平紐と丸紐)

サイズですが普段コンバースオールスターを28cmで履いている筆者は27.5cmを購入しています。このスニーカーはコンバースと違い靴紐を解かずに脱ぎ履きできます。5年前に比べてアッパーのバリエーションが増えてきているのですが、形はハイカット気味のクォーターカットで同一です。ソールの色が変わっても、ソールが薄く革靴ライクなフォルムなので、海外スナップで見られるような派手な色を選んでもそこまでカジュアルにはなりません。スニーカーに使用されているマイクロファイバー素材は高級感があるわけではないので、大人っぽいコーディネートのハズシ要員として使うのがいいでしょう。価格は1万4040円(税込)で、すでにこのモデルは廃盤となっていますが、同素材でロゴ違いのブラックは残っています。ナイキなどのスポーツメーカーのスニーカーも素晴らしいと思いますが、ソールの機能性に限っていえば、ビモロは圧倒的です。筆者は近いうちに派手色のモデルも購入予定です。

メンズおすすめスニーカーまとめはこちらから↓

【サイズ感付き】メンズのおすすめスニーカー69選!【2019】

2019.08.19
スニーカーのコーディネート集はこちらから↓

【16選】スニーカーを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.05.05